上手なキャッシングの活用法

上手なキャッシングの活用法

上手なキャッシングの活用法

【キャッシングとは何か】●キャッシングとは、お金を借りることを言います。ATMよりお金を引き出し、翌月一括返済の形でお金を返します。似た物としてカードローンというものがあります。カードローンも、ATMからお金を借りる形になりますが、返済方法が違っています。カードローンの場合は、分割払いでお金を返して行く形になります。キャッシングの場合は、利用月の翌月または翌々月に一括返済が原則です。リボ払いのような分割返済の形をとることもできますが、カードローンと比較すると、一回ごとの支払額は多めになる傾向があります。ただ、言葉の定義は会社によって違っており、両者の違いは曖昧になっているとも言えます。●借り入れ方法については、ATMからお金を引き出す方法以外にも、自分の銀行口座に直接お金を振り込んでもらう形をとることもできます。即日の振込が可能な会社も存在します。最近では、インターネットや携帯電話を通じて、借入申し込みを行えるサービスも増えています。借入申し込みだけではなく、借入金の返済も、自宅のパソコンや携帯電話から行うことができるサービスも増えています。●キャッシングを利用するためには、借入を行うためのカードを発行してもらう必要があります。カード発行をする機関には、銀行、信販会社、消費者金融会社があります。それぞれ、一定の審査基準があります。また、カード発行のためのカード発行手数料がかかる場合もあります。

 

【審査の流れ】●キャッシングでお金を借りるためには、借りたお金を返済するための支払い能力があるかどうか、審査を受ける必要があります。審査基準は、貸し付けをおこなう会社によって違います。一般には、銀行、銀行系消費者金融、信販会社、消費者金融の順で、審査が厳しくなっていると言われています。●審査を受ける際には、申し込み書に、職業、収入等の個人情報、他社からの借入状況、希望融資額などを申告する必要があります。また、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの身分証明書が必要になります。収入証明書の提出を求められることもあります。●実際の店舗へ出向くことなく、パソコンや携帯電話から、審査の申し込みが可能なサービスもあります。インターネットからの申し込みの場合は、身分証明書はコピーを郵送する方法のほか、カメラで撮影したものをメール送付する方法をとっている会社もあります。●インターネットで申し込みを行う場合には、ウェブの申し込みフォームに必要事項を入力した後に、カード会社から電話確認が行われます。電話では、申し込み内容について最終確認が行われます。会社宛に電話があり、在籍確認が行われることもありますが、その際もローン会社の名前でかけてくることはなく、個人名でかかってきます。職場に、お金を借りる事がばれたくないと思う方も多いと思いますが、個人情報保護は徹底されていますので、特に心配する必要はありません。

 

【メリット】●キャッシングのメリットは、いくつかあげられます。●申し込み手続きが簡単であるというのも、その一つです。インターネットを通じて申し込み行えば、自宅の中だけですべての手続きを完結できます。インターネットの申し込みに際しては、匿名で自分がどのくらいの融資を受けられるのか、確認できるサービスもあります。コンピューターによる自動審査が行われ、審査結果がすぐ分かります。それを見てから実際の申し込みを行う、という流れが可能なので、すぐに融資をうけたいという方にとっては、とても便利です。各会社とも、審査を早く進め、審査結果を素早く出せるようシステムを構築していますので、利用者の利便性は、今後増々高まって行く事が予想されます。●また、どこでもお金の引き出しが可能になるというのも、メリットの一つです。一度、申し込みをしてカードを作っておけば、店舗はもちろん、系列店舗のATM、提携銀行のATM、コンビニのATMから借入や入金が可能になります。特に、コンビニのATMは24時間365日利用可能ですので、とても便利です。例えば昼間、銀行のATM利用時間内にお金を引き出す事ができなかった場合でも、コンビニのATMから融資を受けることが可能になります。コンビニのATMでは、自分の銀行口座からお金を引き出す事もできますが、その場合、時間外手数料がかかってしまいます。翌日すぐに返済する予定であれば、キャッシングの利息の方が、はるかに安くすみます。

 

【デメリット】●キャッシングのデメリットとしては、金利の高さが挙げられます。●現在、法定利息は、利用金額によって3段階の利率が定められています。借入金額が10万円未満の場合、上限となる利率は年利20パーセントとなります。借入金額が10万円以上100万円未満の場合は、年利18パーセント。借入金額が100万円以上の場合は、年利15パーセントとなります。例えば、100万円を1年間借り入れた場合、利息の上限は15万円となります。元本の100万円に利息分の15万円を加えて、合計115万円を返済しなくてはいけないという計算になります。●この利率は、上限の利率ですので、この利率より低く設定する分には問題ありません。前述したとおり、一般的にキャッシングの金利は、カードローンの金利より高く設定されています。これは、返済方法が一括払いか分割払いかの違いによるものです。カードローンは、基本的にリボ払いが前提となっています。リボ払いにすることで、貸し付けを行う金融機関は、長期的に利息収入を得る事ができます。●しかし、キャッシングの場合は基本的に翌月一括払いとなりますので、金利を低く設定すると金融機関も利益が出ません。キャッシングの翌月一括払いで利益を出そうとするなら、あらかじめ金利を高めに設定しておく必要があります。そのため、キャッシングの金利は、利息制限法の上限近くで設定されている所も少なくないのです。

 

【大手キャッシング会社の比較】実際にお金を借りたいと思った場合、何を基準に選べば良いか、迷ってしまう事も多いと思います。比較基準となる物は、金利、借入限度額、審査基準、利便性など様々あります。各カードの特徴をふまえて、自分の利用目的に合わせて、適切な選択をすることが望ましいです。●色々な金融機関がキャッシングサービスを行っていますが、大きく分けて、銀行、銀行系消費者金融、消費者金融、信販会社の4つに分けられます。●銀行キャッシングは、銀行自身が融資をするものです。一般的に金利が低く設定されていますが、審査基準も厳しいのが特徴です。銀行から融資を受ける際には、総量規制の対象にはならず、年収の3分の1という規制を受けないので、より高額な融資を受けることができます。そのため、借入先を一本化し、銀行でおまとめローンを利用する方も増えています。●銀行系消費者金融とは、銀行が出資している消費者金融会社が貸し付けをおこなうものです。代表的なところと言えば、三井住友銀行グループのアットローンや、三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、SMFGグループのプロミスなどがあげられます。審査基準は、銀行よりはゆるく、消費者金融よりは厳しくなります。●信販会社系は、クレジット会社からの借入になります。クレジットカードをもっていれば利用できるので、手軽に利用しやすいのが特徴です。●消費者金融系では、アイフルなどが有名です。比較的審査は厳しくなく、審査結果もすぐに出ます。難点は、金利が高くなるという点です。

ホーム RSS購読 サイトマップ